WordPress(ワードプレス)によるWebサイト・ホームページ制作_コンテンツ制作の株式会社ヴァルゴス

contentsコンテンツについて
コンテンツについて , ,

《プロフィール写真》恥ずかしがり屋の人ほどプロにお願いした方がいい理由

コンテンツについて , ,

ホームページを作る仕事をしていて、多くのお客様に「写真は載せた方がいいですよ」「親しみが湧きますよ」など散々言ってきましたが、自分自身の写真はホームページに全く載せていませんでした。

だって恥ずかしいんだもの…。

思えば、成人式の写真も撮ってないし、大学の卒業アルバムも「低い鼻をプチ整形してから撮ろうかな…」など考えているうちに撮影期間が過ぎて撮り逃してしまったくらい。どちらかというと自意識過剰すぎて写真を撮られるのを敬遠してきたタイプ。家庭でも撮影担当なので、ほとんど自分の写真はありません。

そんな私がどうしてプロフィール写真を撮ろうと思ったかというと、自分自身も恥ずかしさを乗り越えたら説得力が増すのでは?と思ったから。

私と同じ様に恥ずかしくて写真を載せることをためらう人は多いです。そんな人ほど、自分の持っている写真や家族に撮ってもらってなんとかしようと思わずに、「えいや!」とプロによるプロフィール写真の予約をしてみてください。今回、自分自身が撮影してみて感じた理由は三点です。

  1. プロに撮ってもらう、プロにヘアメイクしてもらう事により普段と違う自分を演出できる。
  2. 思い通りの写真が撮れる確率が上がる。
  3. 「せっかくお金を払ったから」と思って、使う。

1、プロに撮ってもらう、プロにヘアメイクしてもらう事により普段と違う自分を演出できる。

img_1994

普段の自分が恥ずかしいのなら、ちょっと違う自分を引き出してもらって演じてしまおう…という作戦。特に、女性はメイクアップをしてもらうプロセスがあると、よりいいと思います。メイクアップをする時間の中で自信がついて、いい表情で写真を撮れる可能性があるからです。
その際に注意して欲しいのは、自分で理想とするイメージを伝えること。「私は素人なのでわかりません。美人にしてください」と漠然とした言い方では満足いく仕上がりから程遠いものになってしまう可能性があります。
可愛らしい感じを出したいのか?かっこいい感じにしたいのか?若く見られたいのか?大人っぽく見られたいのか?雑誌の切り抜きなどのビジュアルのイメージを持っていってもいいですし、「清潔感があって、信頼できる雰囲気」など言葉を用意しておきましょう。
実は、私自信がノープランで挑んでしまい、どんなイメージか聞かれた時に、言葉に詰まり、「ええと、IQが高い人みたいな…」とお馬鹿発言をして失笑されてしまったのです。もともと童顔な私は子供っぽく見られがちなので、信頼感を持ってもらえるような雰囲気に仕上げたかったのですが、とっさに「信頼感」って言葉が出てきませんでした。
それでも、気持ちは汲んでいただき、眉頭をいつもより少し内側にする事で「IQを上げて」もらいました…。

2、思い通りの写真が撮れる確率が上がる。

img_1999

「下手な鉄砲数打ちゃあたる」といわんばかりにパチパチ何枚か撮っていたら何かいい写真が撮れるかも…と思っても失敗する可能性があります。
プロに頼む場合、ライティングやレンズなどの機材を予測して準備し、そのシチュエーションでベストのセッティングをするところも料金に含まれています。結果、満足のいくものになるのです。けれど、素人だと、自分の手持ちのカメラで準備もなしに撮ってしまうことが多いので、10枚撮っても20枚撮っても結局、光の感じが良くなかったということで全てNGになってしまうこともあるのです。

3、「せっかくお金を払ったから」と思って、使う。

ooishiaki

極度に恥ずかしがり屋の私は写真を受け取ってからこのサイトで公開するまでに1ヶ月以上かかりました。普段の私を知っている周りの人からは「凄くいいじゃない!」と言っていただけました。けれど、自分の事となると向き合う事ができず…それでも、なんとか公開できたのは「沢山のプロの方に協力してもらったのに」という気持ちと「せっかくお金を払ったんだし」という気持ちがあったから。
もし、これが家族や友人に頼んでお金をかけずに撮っていた写真なら、仮にいい写真が撮れても、ズルズルと先伸ばしにして、結局利用しなかったかもしれません。

「鎌倉美齢塾 元町サロン」の撮影会へ

知り合いのグラフィックデザイナーのヤギチカコさんがディレクションをされるとのことで「鎌倉美齢塾 元町サロン」で行われる「美茶会 撮影会」という女性を対象にした撮影会に参加しました。
エステサロンを経営している北川美幸さんが主催されている「鎌倉美齢塾 元町サロン」は、通常、エステやイベントなどで使われている空間です。そのため、プロフィール写真だけでなくエステ風景やセミナーやカウンセリング姿の撮影ができたり、エステのオプションもあるそうです。広告や雑誌などで活躍するプロのカメラマン、ヘアメイクさんにお願いして2万円〜の料金は、自分で撮影を依頼するよりお得だと思います。
自分一人だけでなく、何名か参加者さんもいらっしゃったので、メイクしたら「わあ、綺麗になったね」と言ってもらったり、セミナーの生徒役をしてもらったりと、わいわいと楽しく撮影できました。

Category : コンテンツについて
大石あき
大石あき

1979年生まれ 乙女座
神奈川県大磯町在住
神奈川県の湘南地域(平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市)を中心にホームページ制作のディレクション、WordPressの個人レッスン、Webコンテンツの執筆などを行なっている。
立教大学フランス文学科卒業、大学卒業後は映画監督を目指して、助監督の職につくも「仕事と女性としての人生との両立ができないのでは?」と悩み、転職する。その後、Web担当を経験したことからWebの世界に目覚め、Webサイトづくりを学ぶ。「元」ブログの書けないWeb制作会社経営を経て、今はブログの書けるWeb制作会社を経営している。

コメントを残す





CAPTCHA


同じカテゴリーの記事5件

ブログ一覧へ戻る