WordPress(ワードプレス)によるWebサイト・ホームページ制作_コンテンツ制作の株式会社ヴァルゴス

portfolioおしごと実績
おしごと実績

【オンライン無料相談】計画に時間を使いすぎないこと

おしごと実績


「WordPress×戦略」無料相談でいただく相談の多くが、すでにホームページを制作済みで、WordPressの操作がわからないというもの。

今回の方も同じ理由からお話をいただきました。

鎌倉にお住いの方でしたので、操作については藤沢のコワーキングスペースにてレクチャーするということで、10分もたたないうちに話がまとまり、残りの時間は、お客様のホームページの目的やお仕事の状況をお伺いして、どのようにホームページを運用したらいいのかお伝えするようにしました。

戦略ってなに?

今回の相談者さまは、WordPressの操作方法だけでなく、「戦略」という言葉にも、魅力を感じていただいているようででした。

ここでの戦略とは、これからどのようにホームページを運営するか考え、目標を決め、それを達成するための行動を考えることです。

戦略を考えるにあたって大切なのは、ものごとをできるだけシンプルにすること。そのためには、フレームワークを使って考えるとスッキリしやすいです。そこでフレームワークの基本3C分析について説明させていただきました。

3Cとは、「市場(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」の頭文字です。

【市場】現在までのお客様の年齢等の傾向は?

【競合】競合サイトはあるか?

【自社】サービスの特徴や他にはない強みは?

「上記のような内容を考えてみてください」とお伝えしたところ、まだ、現在の仕事を始めて間もない相談者さまは、お客さまの傾向などはわからないということでした。しかし、競合サイトや自らの強みははっきりとしていました。

それらの内容を聞いているうち、無料相談の時間内で、ホームページ運用でおこなう目標が見えてきました。

計画に時間を取られすぎないことも大切

目標ってそんなに簡単に決めていいの?
もっと分析とかしないの?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、すでにあるのなら、それでいいのです。

大切なことは、「自覚すること」と「振り返ること」です。

自分が思う「サービス」「会社の強み」「やりたいこと」というのは、計画段階で「ああじゃない」「こうじゃない」と言っても意外と変えられないものです。自分の都合のいいアドバイスや分析結果ばかり採用して「やっぱりこれはいいサービスだ!」と思ってしまうかもしれません。

しかし、実際、世に出してみたら「思ったより需要がなかった」「自分の体力がもたなかった」など、様々な理由から軌道修正をさせる必要が出てきます。

PDCAで言うところのP(計画)に時間をかけるより、とにかく取りかかってしまった方が、データも集まり、早く改善できます。

なにを目標に行っていたかを自覚していれば、それが達成されているか、その行動で間違えていなかったか、C(チェック、振り返り)の時間を作って、次のアクションを考えるのです。

( 出資をしてもらったり、借り入れをするような事業や、他の社員に働いてもらう場合などは、その相手を説得する必要がありますし、事務所やお店などの家賃等ランニングコストがかかる事業の場合、数字的な妥当性など細かい分析が必要とされる場面もあります。)

Category : おしごと実績
大石あき
大石あき

1979年生まれ 乙女座
神奈川県大磯町在住
神奈川県の湘南地域(平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市)を中心にホームページ制作のディレクション、WordPressの個人レッスン、Webコンテンツの執筆などを行なっている。
立教大学フランス文学科卒業、大学卒業後は映画監督を目指して、助監督の職につくも「仕事と女性としての人生との両立ができないのでは?」と悩み、転職する。その後、Web担当を経験したことからWebの世界に目覚め、Webサイトづくりを学ぶ。「元」ブログの書けないWeb制作会社経営を経て、今はブログの書けるWeb制作会社を経営している。

ブログ一覧へ戻る