WordPress(ワードプレス)によるWebサイト・ホームページ制作_コンテンツ制作の株式会社ヴァルゴス

webmanagement-strategyホームページ運用・戦略
ホームページ運用・戦略

ホームページがしっくりこない人へ

ホームページ運用・戦略
そもそも私の仕事って何だろう

ひとの言うことを聞く前にやること

WordPressの個人レッスンのお客様の中には、私のレッスンを受ける前に、フリーランスのデザイナーや制作会社にホームページの制作を依頼したり、Web運用のコンサルティングを受けてきた方がいらっしゃいます。

ホームページも見栄えも悪くはなく、ブログもかなりの数を更新しているにもかかわらず「成果が出ていない。それに、なんだか、しっくり来ない…」と相談に来られるのです。

「デザインに難があったのかも」
「WordPressが使えないからかも」
「あの人の方法は私には向いていなかった」と思って、ヴァルゴスのレッスンにお問い合わせいただきますが、WordPressの操作方法などをお伝えしても「しっくりこない」モヤモヤは消えない可能性があります。

モヤモヤの原因が使い勝手やデザインではなく、根本的な問題の可能性が高いからです。

デザイナーやコンサルティングなど、我々の伝えることができるのはあくまで「方法論」でしかありません。「ブログを沢山書くといいですよ」と言われる場面は多いと思いますが、「沢山ブログを書いたのに問い合わせなんてこなかった」場合、ブログを沢山書くことが間違えていたのではなく、そもそもの目標が曖昧だったため間違えた方向に努力してしまった可能性も高いです。

「コンサルトの〇〇さんに「アナタはコレ」と決めてもらったアメブロのタイトルがしっくりこない…… 」

そんなブログ記事を読みました。そんなときは、自分自身の目標や目的がはっきりしないから、または、やりたいことが変わってしまったからモヤモヤするのかもしれません。

一度、ひとに相談する前に自らの仕事やホームページの目的や目標を見直してみてください。

① 夢(会社理念)は大きく曖昧に

私自身がホームページをリニューアルする前にしたことは会社理念を考えることでした。会社理念は会社の使命です。社会や社員に会社の活動が与える効果や追求したいことだと思ってください。個人事業主の方も自分の仕事で実現させたい社会や夢を思い浮かべてください。

どうして大きく曖昧にするかと言うと、やってみた事業がうまくいかなかった場合、事業内容を大きく変更する可能性があります。そんなときに具体的な理念だとそこに囚われて上手に方向転換ができない場合があるからです。

それだったら、そもそも理念なんていらないんじゃない?と思うかもしれません。それもまた、方向転換する場合の、判断基準がなく自分の理想と大きく離れた行動をとってしまう可能性があります。仮に新しく始めた事業が上手くいっても、どこかで行き詰まったときに「なんのためにこんな苦労をしているんだろう、なんのためにこの会社があるんだろう…」となってしまいます。

株式会社ヴァルゴスの会社理念は以下の通りです。

誰でも・どこでも・出会える・活かされる

どんな立場の人も
どこに住んでいても
出会い
活かされる
社会を実現します。

②自分のしたい仕事や生活のスタイルを考えてみる

一年前、100%在宅勤務だった私。小さな子どものいる身として理想的な仕事環境でしたが、憂鬱になって仕事スタイルを50%出社、50%在宅に変えました。お金のことを考えると、100%会社員になった方が安定しています。けれど、自分のチャレンジしたいことや体力を考えると今の状況が理想的かもしれないと思っています。

他にも活動(読書会や地域での活動など)を始めているので、広告をバンバン出して大量のお客様を相手にするより広告費0円でお問い合わせいただくホームページの運用が現在の仕事にはあっているように思えます。自分自身や会社の資金力や仕事スタイルによってWeb運用のあり方も変わると思ってください。

また、お客様の仕事内容を見直すサポートもさせていただきました。自分の頭の中だけだと考えがまとまらないこともありますがワークショップをしてみると見えてくるものがあります。

③ホームページの目的は具体的に

誰に
何を
どれくらい(どんな風に)
売りたい(伝えたい)

か考えてみてください。

同じようにWebサイトを作る会社でも、ヴァルゴスは個人事業主様や社長自身がホームページの運用をしているような従業員数の少ない法人様を対象にしています。そのため、一からwebサイト開発する技術力よりも、世界で最も使われているCMSのWordPressを使いこなす方法や戦略やコンテンツ、モチベーションの話が中心になっています。

例えばアクセサリーを作る技術があっても、単純に「アクセサリーを売りたい」ではなく「おしゃれに目覚めた中学生向けのアクセサリーを売りたい」「こだわり派のための世界で一つだけのオーダーメイド婚約指輪を売りたい」など、対象のお客様や商品のイメージをはっきりさせる必要があります。または、高い技術力をうたって下請けで仕事を受けるなんて方法もあるかもしれません。

④小さな目標を少しづつ達成させる。

①〜③を考えたら次は小さな目標を作ってください。

私がホームページの運用でオススメする目標はGoogleなどの検索サイトでの検索順位。GRCというツールで計れます。

なぜかというと、結果がすぐにわかるから。GRCでは100位までの検索順位を表示してくれます。その為、それ相応の内容を書けば76位、89位などすぐにいく場合があります。目指すページを決めて、そのページの内容を書き直したり、そのページと関係ある内容の別のページを書いたりしながら順位を少しづつ上げる作業は面白いです。10位以内に入ると読んでもらえる確率が上がります。

一方で、Googleアナリティクスでの訪問数はなかなか上がりません。その場合、なかなか目標を達成しないことで飽きてしまったり、訪問数が増えても望んでいるお客様と別の層の可能性もあり、あまり意味がないからです。訪問数や訪問後のお客様のページ遷移の改善などは、検索順位を上げた後でもいいと思います。

闇雲に「〜」っていうキーワードでも「〜」っていうキーワードでも…
と欲張るよりも「〜で検索順位1位を目指す」などの目標を一つ決めて達成したら次の目標…と少しづつ頑張ってください。

私は、あんまり意味のないチャレンジをしてみたこともありました。それでも、やってみる習慣がついて結果良かったです。

ホームページを作り始めた初期は「トップページのキャッチコピーを考える」「ブログを一本書く」などの行動を目標にしてもいいと思います。

小さな目標を確実にこなしていけばどんどんいいホームページになります。

「しっくりこない」と思ったらもう一度始めに戻ってみよう

何ヶ月も何年も頑張ったのに「しっくりこない」気分になった場合でも、①〜④で説明した内容の何かが抜けている可能性があります。または、状況が変わって見直したいときなのかもしれません。

  • 会社理念や夢はありますか?
  • 理想の生活スタイルや仕事は何ですか?
  • ホームページの目的はありますか?誰にみて欲しいですか?
  • 小さな目標を決めましょう。
Category : ホームページ運用・戦略
大石あき
大石あき

1979年生まれ 乙女座
神奈川県大磯町在住
神奈川県の湘南地域(平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市)を中心にホームページ制作のディレクション、WordPressの個人レッスン、Webコンテンツの執筆などを行なっている。
立教大学フランス文学科卒業、大学卒業後は映画監督を目指して、助監督の職につくも「仕事と女性としての人生との両立ができないのでは?」と悩み、転職する。その後、Web担当を経験したことからWebの世界に目覚め、Webサイトづくりを学ぶ。「元」ブログの書けないWeb制作会社経営を経て、今はブログの書けるWeb制作会社を経営している。

ブログ一覧へ戻る