WordPress(ワードプレス)によるWebサイト・ホームページ制作_コンテンツ制作の株式会社ヴァルゴス

webmanagement-strategyホームページ運用・戦略
ホームページ運用・戦略

【ブログ執筆】とにかく沢山書いてみよう

ホームページ運用・戦略

content is king
個人事業主、中小企業のホームページ制作を支援しています。
その中で、気がついたことは、「Googleアナリティクスで訪問者数が多い」「ホームページ経由のお問い合わせがある」など結果を残しているお客様は、ある時期ブログを量産しているということ。

特に新規開業の場合、最初から順調に集客できることは稀。お客様のいない苦しい時期にブログをひたすら書くのです。ブログの内容は「自分の専門知識について」「仕事の実績報告(商品情報)」「お客様の声」など…。

残念ながら、すぐに結果が出るわけではありません。けれど、「3か月経った頃に検索順位が上がり、半年でホームページ経由の問い合わせが目標数になった」「誰も読んでいないと思い込んでいたけど、30記事くらい書いた頃、ブログのあの写真の商品が欲しいと問い合わせがあった」など、しばらくは無風のように感じていたのに、ある時点を境にグッと伸びます。そしてその後は多少サボっても(本業が忙しくて書く暇がないことが多い)、検索順位は安定して上位にあり、お客様の問い合わせも途切れない状況が続きます。

とはいえ、同じ商圏のライバルが同じ努力をした場合は抜かされてしまいますし、あまりにブログを更新していないと「この会社は営業しているのだろうか?」と不安にさせてしまう可能性もありますので、ほどほどの更新は必要になります。

質より量

ブログ執筆は質より量です。

ブログ執筆で結果を残したお客様は、飲食店の経営者、士業の方など、今まで記事の執筆をしてこなかった人ばかりです。その為、表記揺れ(例:「ウェブ」と「Web」)があったり、文章の展開に難があったり、プロのライターに比べたら下手な文章であることが多いです。そもそも、プロのライターは技術があるだけでなく、編集者が校正してくれているから読みやすい記事が書けるのであって、中小企業や個人商店が運営しているブログのように編集者がいない場合は、上手な文章などなかなか書けないものです。(私もこの文章は編集者なしで書いているのでお目こぼしを……)

上手な文章など書けなくてもいいのです。注意して欲しいのは、読んでくれているお客様に対して必要な情報が沢山あるかどうかです。けれど、「これは、必要な情報?普通のこと過ぎてブログで書く必要がないのでは?」と必要な情報かどうかを自分で厳しくジャッジする必要はありません。例えば、「オーガニックレストランなのに自分の好きなアイドルの記事ばかり書く」など極端に間違えていなければ大丈夫です。気楽に書いてみてください。

お客様に必要が情報が沢山あるかは、Googleなどの検索結果で上位を目指すSEO対策としても有効ですし、そのお店や商品、サービスを購入する際の判断材料になります。

とにかく書いてみましょう

「このキーワードで上位に行く為にはこの記事が必要」「この客層に届ける為にはこの写真の方がいい」など、ホームページやブログの運用は、そういう発想が必要ですし、説得力のある文章を書く力も身につける方が良いです。しかし、それも後から直すことができるのがWebの良いところ。まずは、とにかく書いてみて下さい。

  • 質より量=文章の美しさより情報量
  • SEO対策としても有効
  • 事業が苦しいときはブログを量産
Category : ホームページ運用・戦略
大石あき
大石あき

1979年生まれ 乙女座
神奈川県大磯町在住
神奈川県の湘南地域(平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市)を中心にホームページ制作のディレクション、WordPressの個人レッスン、Webコンテンツの執筆などを行なっている。
立教大学フランス文学科卒業、大学卒業後は映画監督を目指して、助監督の職につくも「仕事と女性としての人生との両立ができないのでは?」と悩み、転職する。その後、Web担当を経験したことからWebの世界に目覚め、Webサイトづくりを学ぶ。「元」ブログの書けないWeb制作会社経営を経て、今はブログの書けるWeb制作会社を経営している。

コメントを残す





CAPTCHA


ブログ一覧へ戻る