WordPress(ワードプレス)によるWebサイト・ホームページ制作_コンテンツ制作の株式会社ヴァルゴス

webmanagement-strategyホームページ運用・戦略
ホームページ運用・戦略

「お客様の言葉」こそ最高のSEO対策、マーケティングだ

ホームページ運用・戦略

個人レッスンのお客様にSEO対策についてレクチャーした日の夜、お客様からメッセージをいただきました。

「僕は、○○ってキーワードで検索して、なかなかいい情報が見つからなくて困ったんですよ。○○ってキーワードいいと思うけど…」と。

(※キーワードの中身は秘密です)

「ありがとうござます‼︎‼︎早速使わせて頂きます」と翌日から○○での検索上位を目指し、すでにある記事を書きなおし、順位チェックを開始しました。

そして、
7日後にGoogle検索で6位にランクイン。

10日後に狙った通りのキーワードで検索した方からお問い合わせをいただきました!

お問い合わせ頂いたお客様も、まさにその言葉で、何度か検索をしていたそうです。急に上位になった当サイトを見て、驚いたのは記事数の少なさでした。記事が少ないのに上位にすることができた点が、「SEO対策の知識があるのではないか?逆に信用できる」と思ってお問い合わせ頂いたそうです。(※あんまり嬉しくてさらに内容を強化し現在は検索1位にしてしまいました)

お客様の言葉にたくさんのヒントが隠されている

通常だと、上記のエピソードのようにお客様から直接的にキーワードのアドバイスをいただくことは考えづらいですよね。私は本当にラッキーだったと思います。

そこまで直接的でなくても、お客様のふと漏らした一言などに、会社やお店の強みやサービス、キーワードなどのヒントが隠されていると思います。

「〜を売っているお店を散々探してようやく見つけました!」

「〜だけでなく…が良かったですよ」

お会計の際などに、そう声をかけてもらった言葉はサービス内容やキャッチフレーズ、ホームページの記事などに、ぜひ反映させてください。意外な商品やサービスが「強み」になることもあります。

ホームページから問い合わせ頂いたお客様には、「(ホームページの存在は)どこで知っていただいたんですか?(検索したなら)どんな言葉で見つけていただいたんですか?」と聞くのもいいと思います。

 ホームページでお客様の感想やアドバイスを反映する方法

ある町のケーキ屋さんを例にしてみます。

アレルギーフリーケーキを商品として作っていなかったけど、お客様の要望で作ったところ、好評いただケーキ屋さん。「この町でアレルギーフリーのケーキを作ってくれるのはここだけ!ずっと探していたの!美味しいしこれからも頼むわ」と言われ、これからアレルギーフリーのケーキを主力商品にしようと思いついたという設定にさせて頂きます。

リニューアルの前にやること

実際にホームページの内容やサービスを変更する前に、一度ツールで検索数をチェックしてみましょう。今回はアラマキジャケを使用しました。

「アレルギーフリー」という言葉で調べてみました。検索されているのがわかります。「アレルギーフリー」でいいかな?と思いましたが関連語を見てみると「アレルゲンフリー」という言葉や「アレルギー対応」という言葉が出ています。どれもほぼ同じ意味に思えます。「もしかしたら他の言葉の方がいいかも……」と2つの言葉の検索数も調べることにしました。

まずは「アレルゲンフリー」を調べてみました。こちらの方がより専門用語のように思えます。しかし、結果は「アレルギーフリー」より少ない検索数です。「アレルギー対応」はどうでしょうか?

こちらの方がより多く調べられています。関連語には「アレルギー対応ケーキ」の言葉が……なんだか、とっても良さそうです。

なんと、これまでで一番検索されています。なるほど、「アレルギー対応ケーキ」が一般的によく使われている言葉だということがわかりました。ホームページには「アレルゲンフリーのケーキ」ではなく「アレルギー対応ケーキ」と書くようにしましょう。

大切なポイントは、ホームページに手を加える前にSEOツールで検索数をチェックしたり、Googleで検索をしてみることです。自分が使っている言葉より一般的に使われている言葉や、検索されやすい言葉でSEO対策した方がより多くの人にホームページを見てもらえます。

それでは、ホームページの文章をリニューアルしてみましょう。

①ホームページのタイトルを変更しよう。

前)大磯町の洋菓子店_セボン

後)【湘南・平塚・大磯・二宮】アレルギー対応ケーキ、フランス洋菓子の店_セボン

一般的なケーキ屋さんの場合、お客様はその町の住人くらいかもしれません。しかし、「アレルギー対応ケーキ」の場合は、少し遠くなっても買いたい人がいると思います。対象地域を拡げてみましょう
よく検索される言葉(「アレルギー対応ケーキ」)をホームページのタイトルにプラスしましょう。

②既存の記事のタイトルや文章中の名詞を変更しよう。

記事のタイトルの中にお客様からヒントをもらって思いついたキーワードをプラスしたり、その記事の文中の名詞を書き換えるだけでも、検索順位が上昇します。あらたに記事を書くよりエネルギーもかからないのでおすすめです。もちろん、全く関係のない内容なのに無理矢理書き換えるのは不自然なのでNGです。もし、関連するような内容の記事が既にある場合はやってみてください。

③サービス名を変更しよう。

サービス名や商品名によく検索される言葉を含めると自然とSEO対策になります。チラシなどをまだ準備していない場合や新サービスを検討中の方は参考にしてみてください。お客様の中には、なんと屋号まで変更してしまった人もいます。

  • お客様からいただいた言葉を参考にサービスやホームページのリニューアルをしましょう。
  • リニューアル前には検索数を調べてより検索数が多い言葉を使いましょう。
  • 既存の記事やホームページのタイトルを変更するだけでも効果はあります。
Category : ホームページ運用・戦略
大石あき
大石あき

1979年生まれ 乙女座
神奈川県大磯町在住
神奈川県の湘南地域(平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市)を中心にホームページ制作のディレクション、WordPressの個人レッスン、Webコンテンツの執筆などを行なっている。
立教大学フランス文学科卒業、大学卒業後は映画監督を目指して、助監督の職につくも「仕事と女性としての人生との両立ができないのでは?」と悩み、転職する。その後、Web担当を経験したことからWebの世界に目覚め、Webサイトづくりを学ぶ。「元」ブログの書けないWeb制作会社経営を経て、今はブログの書けるWeb制作会社を経営している。

ブログ一覧へ戻る