WordPress(ワードプレス)によるWebサイト・ホームページ制作_コンテンツ制作の株式会社ヴァルゴス

websiteホームページ制作について
ホームページ制作について

Webサイト制作にまつわる職業を書き出してみた

ホームページ制作について

Webサイト制作や運用にまつわる職業を出してみました。

☆戦略立案や運用にまつわる職業

  • Webマーケター
  • Webアナリスト
  • Web広告運用代行
  • SNS運用代行
  • SEOコンサルタント
  • Webコンサルタント

「Webマーケター」の仕事を簡単に言うと、お客様のニーズを読み取り、お客様を自社サイトに呼び、サービスや商品を販売できる道筋を作る仕事です。ツールを駆使してアクセス情報等を分析する「Webアナリスト」や「広告運用」「SNS運用」「SEO」などはWebマーケティングの業務の一部分を外注していると言っても良いかもしれません。企業のWeb担当者が兼ねる場合やWebマーケティング会社や制作会社に所属する場合があります。

Webコンサルタントという職業は、制作会社の営業的な立場の人から、個人で活動し、クライアントの戦略立案などを行う人など様々です。もともと、アフィリエイトやブログ、情報商材等で活動していた人がコンサルタントをしている場合は、SEO対策やブログやメルマガの運用などに詳しいですが、WordPressの本格的なカスタマイズなど、プログラミングに関わる部分はわからない可能性もあります。

☆予算・進行管理や全体のコンセプトをコントロールする職業

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • プロジェクトマネージャー
  • クリエイティブディレクター

クライアントの要望や予算を汲み取って、Webサイトの方向性を決め、期限内に納めるまでの全工程を管理する能力が求められます。

ときどき、制作会社の営業担当が兼務し、デザインやプログラミングに対する知識が足りないために、最適な提案ができない場合があります。自身がコーディングをしなくても、Webの基本知識があり、流行の移り変わりの激しいWeb業界の動向に敏感な人物が望ましいです。

☆デザインにまつわる職業

  • Webデザイナー
  • アートディレクター
  • UX/UIデザイナー

デザイナーと名乗っていても、グラフィックデザイナーで「チラシを作るついでにWebサイトのデザインも」と、仕事を請け負っている場合は、SEOやユーザビリティを無視したデザインをしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

フリーランスのWebデザイナーはディレクターやエンジニアも兼務し、全て1人で対応できる場合があります。

☆プログラミングにまつわる職業

  • エンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • マークアップエンジニア
  • コーダー

バックエンドエンジニアは、Java、PHP、Perlなどのプログラミング言語を駆使してサーバー側やデータベースのシステムの構築をします。表には見えない内側の動きの部分だと思ってください。それに対してフロントエンドエンジニア(マークアップエンジニアやコーダー*厳密には違いがあるようですが簡単な説明の為同義とします。)はHTMLやCSS,JavaScriptを扱い、デザイナーのデザインを元に要素を組み立てWebサイトを作ります。

ECサイトなどではない、ページ数の少ないホームページ(コーポレートサイト)であれば、ほとんどがコーダーが担う部分でまかなうことができます。

☆コンテンツ制作にまつわる職業

  • ライター(記者)
  • エディター(編集者)
  • コピーライター
  • セールスライター

コンテンツマーケティング、オウンドメディアなどという言葉がよく聞かれるようになった近年、Webサイトに、良質なコンテンツが大量に必要になっています。Web制作会社だけでは対応できないような内容は、外部のライターや、ライターの書いた記事の校正や企画を行うエディターが請け負う場合があります。編集プロダクションとよばれる会社がコンテンツの編集を下請けをすることもあります。

コピーライターは広告で活躍する職業です。商品の世界観を伝えたり、商品には直接関係がなくても、インパクトのある言葉で商品や会社の存在を人々の記憶に残します。低予算のWebサイトでは、コピーライティングをディレクターやクライアントがなんとなく考えてしまうところもあります。

セールスライターはコピーライターの一種ですが、ランディングページなどで、お客様が今すぐクリックしてしまうような文句(「今だけ限定3名」「『〜成功への10箇条』(小冊子)プレゼント!」など)や構成を考えます。

☆デザイン素材やコンテンツ制作にまつわる職業

  • カメラマン
  • 映像ディレクター
  • イラストレーター
  • マンガ家

社長さんが「100万円使ったサイトなんだ!」と自慢してるのに、写真やイラスト素材販売サイトで売られているような素材だけで構成しているサイトがあり、びっくりしました。私の感覚からすると100万円も出すのなら、イラストや写真などもその道のプロに依頼できそうな気がします。予算が少ない会社で、社員がお互いの写真を取り合ったり、イベント時の写真を掲載している方が親しみがわきます。

予算の少ないインタビュー記事などで私自身が写真を撮る場面がありますが、偶然に任せてしまうところもあるので、チラシなどにも利用する予定がある、プロフィール写真で利用するなど、その条件でベストな写真が欲しいときにはやはりプロのカメラマンに依頼したいところです。

予算50万円の会社の場合

うむ……多い。

それぞれの職業は別の呼び方がある可能性もありますし、このように単純に分類できない部分もあります。
例えば、ディレクターが、WebマーケターやUXデザイナー的な役割をしたり、デザイナーがコーダーを兼ねていることはよくあります。

それぞれの仕事を上記に書いてあるようなプロフェッショナル達に全て依頼するとしたら、
予算が年間ウン千万円コースになると思います。小さな会社だったら、自社の売り上げを越えてしまう可能性もあります。

世の中の会社が皆、それだけの費用を使っているとは思えませんよね。
小さな会社や個人事業主は勿論使っていないです。
では、予算50万円の会社がWeb制作会社にホームページの制作を依頼した場合はどうなるでしょうか?

☆戦略立案や運用にまつわる職業
☆予算・進行管理や全体のコンセプトをコントロールする職業
ディレクター
☆デザインにまつわる職業
デザイナー
☆プログラミングにまつわる職業
コーダー
☆コンテンツ制作にまつわる職業
☆デザイン素材やコンテンツ制作にまつわる職業

おそらく、ディレクター(営業担当)、デザイナー、コーダーのような組み合わせでホームページを制作すると思います。
灰色の所はお客様ご自身の努力で対応する必要があります。
私が関わっている「うちの会社の宣伝部 start-up プロジェクト」では、より少ない予算でホームページを制作し、アクセス解析も行っているので一概には言えませんが、そのサービスもWordPressのテーマをカスタマイズすることで工数を減らして実現しているので、一からサイトをデザインし実装しようと思うとそれくらいは普通にかかってしまうのです。

例えると…
車買ってきたよ!
…という、車を一台手に入れたのと同じ状況で、その車を「誰が運転するのか」「どこに行くのか」はご自身で決めて、頑張る必要があるように、戦略立案や運用方法、コンテンツ制作などは自社でまかなう必要があります。

しかし、多くがその自覚がなく、もったいないお金の使い方をしているなあと思います。

外注をする前に、今回書き出した職業を見て、どんな人(どんな会社)にどの部分を頼むか、どこを自分で頑張るかを、一度検討してみると良いですよ。お伝えしたようにマーケティングにも造詣が深いディレクターがいる一方で、ディレクターという名の営業マンのような人がいたり、デザインとコーディングのみする制作会社やマーケターも在籍する制作会社など、同じ名前でも様々なので、職業名だけでなく知識や経験なども考慮してください。

Category : ホームページ制作について
大石あき
大石あき

1979年生まれ 乙女座
神奈川県大磯町在住
神奈川県の湘南地域(平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市)を中心にホームページ制作のディレクション、WordPressの個人レッスン、Webコンテンツの執筆などを行なっている。
立教大学フランス文学科卒業、大学卒業後は映画監督を目指して、助監督の職につくも「仕事と女性としての人生との両立ができないのでは?」と悩み、転職する。その後、Web担当を経験したことからWebの世界に目覚め、Webサイトづくりを学ぶ。「元」ブログの書けないWeb制作会社経営を経て、今はブログの書けるWeb制作会社を経営している。

ブログ一覧へ戻る