WordPress(ワードプレス)によるWebサイト・ホームページ制作_コンテンツ制作の株式会社ヴァルゴス

wordpressWordPress
WordPress

【WordPress初心者】CMSとは?必要?

WordPress

wordpressのロゴWordPressは世界シェアNo.1のCMSです。
でも、そもそもCMSってなに?って思う方が多いと思います。

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略。HTMLやCSSの知識がなくてもホームページを管理し、新しいコンテンツを更新することが可能な仕組みです。

上司に判子を押してもらう

かつて、私が企業内でWeb担当をしていた頃は、細かい修正も自分で出来ませんでした。修正依頼の書類を書いて制作会社メールして見積もり依頼、稟議書を書いて上司にハンコを押してもらい、経理課に稟議書を届け、振込の準備をしてもらう。それから制作会社が行ってくれた修正内容をチェックして……なんて、面倒な作業をしていました。組織がしょっちゅう変わる会社だったので、会社の組織図の修正依頼を何度したことか……。

「よくある質問集」など、一部のコンテンツはWordPressでCMS化してもらい、ある程度自分で触って勉強していたので、「全部触れれば良いのに」とよく思っていました。

当時は、WordPressも今ほどは普及しておらずブログ機能的な側面が多かったのです。今はコーポレートサイトに使えるテーマなどがあり、ホームページ全体をWordPressで作ることが簡単になりました。

Webの担当者がいないような中小企業や個人事業主は、CMSではないサイトの制作を制作会社に全てお任せしてしまった場合、修正依頼をすることが面倒で、どんどん変化する現実とホームページの内容が離れていってしまう場合もあります。

静的サイトと動的サイト

HTMLでWebページを作りアップロードしたWebサイトを静的サイトと言います。

一方、 WordPressなどのCMSで作られたサイトを動的サイトと言います。

WordPressでは各情報がデータベース上の様々なファイルに保管されています。そして、誰かがそのページを見ようとする度に、「このファイルからこの情報をこんな風に、このファイルからこの画像をこのサイズでこの場所にで……」と新たにページを作って表示させるのです。すでに作ってあるページを出してくれるのが静的サイト、その都度ページを作るのが動的サイトです。

CMSでも静的CMSと言って、検索前からHTMLページを作っておいてくれるCMSもあります。あらかじめHTMLページを作っておくため、「青色・女性用・ワンピース」の検索結果を表示するような動的な使い方をするECサイト等には向かないようです。しかし、動的CMSよりセキュリティ面で優れているので、官庁のホームページなどではよく使われています。弊社では静的CMSを運用しているサイトのコンテンツのディレクションは担当したことがありますが、制作や運用は経験がありませんので、ここではこれ以上触れないようにします。

静的サイトの特徴

  • 制作会社やWebデザイナーなどに制作や修正を依頼することが多い。
  • ブログやニュースなどを更新する場合は、その部分だけ、ブログサービスやCMSにする場合もある。
  • 既に作ってあるページを表示するので表示速度が速い。

動的サイト(WordPress)の特徴

  • 制作は制作会社やWebデザイナーに依頼しても、軽微な修正は自分で行うことができる。
  • ブログを更新することが簡単にできる。
  • 既に内部リンクの設計などを施しているのでSEO対策の心配をしなくても良い。

ブログなんて書かないからWordPressは無駄?

自分で更新できる

お客様のなかにも「ブログなんて書かない。ホームページは名刺交換した相手を安心させるレベルであれば良い」と、特に日々の運用などはしていない方もいます。それでも、WordPressでの制作をお勧めしています。その理由は2点あります。

ひとつは、WordPressにはテーマと呼ばれるテンプレートが大量にあり、それを使用するだけでそれらしいホームページを低コストで作ることが可能な点です。HTMLのページを1から作る場合は、デザイナーがデザインしてコーダーがコーディングする必要があります。Webの流行は移り変わりが激しいで、せっかく何ヶ月もかけて準備したサイトがすぐに気に入らなくなってしまう可能性もあります。前のデザインや機能が古くなってしまい新しいものにしたい場合に、テーマを替えるだけでそれが可能になります。テーマごとに表示方法などが違うので修正は必要かもしれませんが、場合によってはデザイナーやコーダーがいなくても全て自分の作業で出来てしまいます。

もうひとつは、「意外と、変らないホームページなんてない」という点です。従業員の退職や事業内容や取り扱い商品の変化など、私が、お客様のホームページ制作に関わっている数か月の間だけでも、「この間の原稿のここを削って下さい」という要請はよく受けます。ブログを書かない場合でも、自分のホームページを書き換えたい場面は結構あるのです。その都度、修正依頼を出すのはもったいないように思います。だったら、CMSで最低限の修正は自分でできるようにすることが良いように思えます。

  • ホームページはCMSを利用して自分で更新できるようにしましょう
  • 動的サイトは静的サイトに比べて表示速度が遅くなりがちなので注意しましょう
Category : WordPress
大石あき
大石あき

1979年生まれ 乙女座
神奈川県大磯町在住
神奈川県の湘南地域(平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市)を中心にホームページ制作のディレクション、WordPressの個人レッスン、Webコンテンツの執筆などを行なっている。
立教大学フランス文学科卒業、大学卒業後は映画監督を目指して、助監督の職につくも「仕事と女性としての人生との両立ができないのでは?」と悩み、転職する。その後、Web担当を経験したことからWebの世界に目覚め、Webサイトづくりを学ぶ。「元」ブログの書けないWeb制作会社経営を経て、今はブログの書けるWeb制作会社を経営している。

ブログ一覧へ戻る